企業名:

株式会社RATEL

タイトル:

eスポーツ大会/配信者企画のプランニング、プロデュースに興味ありませんか?

言語など:
Excel,SreadSheet
概要:
取締役陣eスポーツ大会運営の風景◆「プラットフォーム開発」 × 「大会運営」でesportsを盛り上げる ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄RATELは、宇宙一のエンタメを作ることを目指し、esportsを専門とする会社です。ゲームやesportsへの専門的な知識はもちろん、高い技術力とデザイン力、そして大会運営のノウハウを保持しているため、esportsプレイヤーとクライアントのあらゆるニーズに対応することが可能です。今後さらなる投資を受ける予定であり、RATELはここからさらに拡大していきます。◆ ここ最近トレンドとなっている「esports」の領域は急成長市場 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(1) 「esports」の市場規模現在、esportsの市場規模は、国内で72億、海外では1600億を超えると言われています。また、esportsのファンも市場規模の拡大に伴い増加しており、2020年では世界に5億人以上もいるとされています。3年前の市場規模が約800億ほどだったところを見ても、esportsの市場規模拡大は驚くべきスピードで拡大しています。(2) esportsがトレンドになってきた理由esportsがトレンドとなった要因として大きいのは、技術の進歩によるところが大きいです。今やゲームは、スマホでも簡単にできますし、世界中の人と簡単に一緒にプレーをすることができます。よりゲームというものが身近な存在になり、興味が高まっている中で、様々な企業が投資をするようになり、esportsは発展を続けています。(3) esportsに特化している会社が少ない理由昨今「プロゲーマー」「PUBGやLoLなどのゲームタイトル」などesportsに関するキーワードを耳にすることが多くなっています。しかし、esportsに特化した会社はあまり多くはありません。理由は、業界の発展が最近だということもあり、過去の事例やノウハウが業界にほとんど存在していません。なので、esportsに挑戦するということはリスクがあることなのです。つまり、この市場にチャレンジをするには「強い想い」がないとならないのです。◆だからこそ私たちが挑戦する理由がある ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄私たちのように、esportsに特化して、事業を展開している企業は多くありません。トレンドにはなってきてはいるものの、ゲーム、ゲームプレイヤーの気持ち、eSports自体に対する専門性というのは簡単に身につくものではないのです。他がまだまだ挑戦できていない市場だからこそ、熱い想いを持つ私たちがチャレンジし、もっとesportsが愛される世界を作り出していきます。■ 弊社の運営大会実績はこちら : https://ratel.games■ 宇宙一のエンタメを創るeスポーツスタートアップRATEL、シードラウンドとして累計1.2億円の資金調達を実施→ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000037679.html■株式会社RATEL 2021年制作物REEL動画 : https://www.youtube.com/watch?v=MwrKjIm_bZk