企業名:

株式会社エアロネクスト

タイトル:

ドローン配送拠点の店舗スタッフ募集!空を活用して物流の課題を解決!

言語など:
概要:
独自技術を使ったNext VRは、CEATEC AWARD 経済産業大臣賞を受賞主要スタートアップピッチにて優勝地方自治体にドローン活用で「ラストワンマイル」の配送問題を解決するあらたなインフラづくりに貢献する配送パッケージ「SkyHub」を提供しております。「過疎地」と呼ばれる地方自治体は、たとえば日常の買い物でスーパーに行くために車で40分かかる、病院に行き、処方薬をもらうだけでも丸一日かかってしまう、といった課題を抱えています。一方で物流業界もこうした地域への配送はトラックの積載率が低く物流効率が課題となっています。日本には過疎地域と呼ばれる地域が820ほどあり、地方自治体の約半分を占めています。物流にドローンを活用し、物流拠点から住民の元まで「ラストワンマイル」の配送サービスの社会実装は、住民福祉の向上に取り組む地方自治体やそこで暮らす住民から大きな期待を集めています。▼配送パッケージ「SkyHub」とは?ドローン配送を手掛けるエアロネクストと、陸運会社であるセイノー社で共同で開発を進めている新しいサプライチェーンの仕組みです。過疎地の中心に物流拠点となる倉庫、配送のためのドローンやトラック、共同受取場所のドローンスタンド、そして住民の皆様が買い物の注文につかうアプリケーションや物流を裏で支えるシステムをすべてパッケージとして提供。現在は実証実験中ですが、中長期的な社会実装を見据え、取り組んでおります。▼ドローン配送の「安心・安全」を支える技術配送パッケージ「SkyHub」でドローンでの配送を可能にするのは、ドローンが安定して飛行することを支える当社の開発した「4D GRAVITY」の技術。実はドローンの機体は約30年間進化しておらず、地上の配送と同じようにドローンが空を飛び交う未来を実現されるためには、法整備のみでなく、ドローンの機体の「耐風性」、「信頼性」、「飛行時間」、「飛行速度」などさまざまな課題があります。これらの課題に対し、ソフトウェアで解決することに取り組む開発者が多い中、エアロネクストはハードウェアのイノベーションに取り組み、独自の構造設計技術を開発しました。エアロネクストが開発した「4D GRAVITY」の技術は、ドローンの機体重心を最適化することにより、安定性・効率性・機動性といった基本性能を向上させ、諸課題を解決する画期的な技術です。エアロネクストの「4D Gravity搭載 360°VR撮影用ドローン『Next VR』」は2018年に『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞。例年、大手製造業が受賞してきた中、ベンチャー企業として初めて受賞し、多くの注目を集めました。エアロネクストはこの技術を「機体の販売」ではなく、「特許」としてライセンス販売を行うことで、ドローン業界・配送業界の多くのプレイヤーと協力し、技術を最速で世界に普及できると考えております。▼現在の地方自治体との取り組み山梨県小菅村は、少子高齢化、人口減少、商店減少などの課題があり、住民は買い物難民、医療難民となっています。小菅村では2021年4月から実証実験が開始され配送パッケージ「SkyHub」を導入。次世代の新スマート物流のモデルケースとして国や同じ課題のある地方自治体から注目を集めています。また、横須賀市では吉野家と牛丼を5km先の病院スタッフに届ける実証実験を行い、アツアツのまま、型崩れすることもなく届き、おいしく食べることができたことで、病院の方にも災害時の病院への物資輸送に応用ができそう、というコメントをいただいています。