企業名:

ARAV株式会社

タイトル:

東大発スタートアップ企業で建設現場のDXを推進するロボットエンジニア募集

言語など:
概要:
建機Webコントローラーを搭載した油圧ショベル。ダンプトラックへの土砂積み込み動作も可能小型のスケールモデルを用いて、遠隔地の建機の操作を検証する建設現場が抱える課題を解決するためのソリューション=現場のアップデートが、ARAVが目指す方向性です。現場の安全性の確保、リスクの軽減を、1日でも早く世界中に広めようと、日々活動しています。【インタビュー】白久レイエス樹「建設現場の“3K”をロボット工学で解決したい」https://www.wantedly.com/companies/company_4628513/post_articles/297529弊社は建設現場のDX・自動化を目指す東京大学発のスタートアップで、2020年4月に設立したばかりの会社です。ロボット技術の中でも、認識系から制御系まで一貫してARAVで開発しています。2020年6月に油圧ショベルをインターネット経由でリアルタイムに遠隔操作する実証実験に成功、本システムの事業化を開始しました。新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした建設現場のテレワーク化にも応用できるシステムとなっています。https://youtu.be/sl4X2NBHVHs2020年11月には国土交通省「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための 革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」におきまして、弊社は共同事業体の1社として選ばれました。https://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo08_hh_000748.htmlhttps://www.mlit.go.jp/report/press/content/001370683.pdf2021年2月には10km以上離れた場所からスマートフォンを活用して不整地運搬車を自動操縦する実験に成功。また油圧ショベルによる掘削からダンプトラックへの積み込み動作までを自律的に行う実証実験に成功と、立て続けに社会実装を成功させています。本実証事業は内閣府及び準天頂衛星システムサービス株式会社の「2020年度みちびきを利用した実証事業」に採択されています。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000058931.htmlhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000058931.htmlまた2021年3月には本体の改造無しで、汎用性の高いクローラーダンプ用の遠隔操作システムの実証実験に成功しました。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000058931.htmlそして同月弊社はシードラウンドにおいて、第三者割当増資による63百万円の資金調達を行いました。今後は、取引先企業様と実証実験した成果を踏まえた量産化準備に向け、β版の生産体制を構築するための人材採用を強化、ベンチャー企業として更なるDXソリューションを提供できるよう取り組んで参ります。【建機Webコントローラーの特長】・本遠隔操作装置(建機Webコントローラー)は、メーカー、機種を問わずに既存の建設機械に後付けで搭載可能。・本体に通信用SIMを内蔵しているため、インターネットに接続したノートパソコン、スマートフォンであればどこからでも遠隔操作できる。・バケット先を水平に動かすような複雑かつ繊細な動きも可能に。