企業名:

株式会社コードタクト

タイトル:

教育心理学を活かして世の中に貢献!研究職のメンバーを募集!

言語など:
RPython
概要:
総務省の「先導的教育システム実証事業」に採択!全国300校、約30,000名以上のユーザーに利用いただいています先生は自分の生徒の学習状況をリアルタイムで把握できます「schoolTakt(スクールタクト)」は、学校向けに開発された協働学習向けの授業支援システムです。これからの授業に必要な「主体的、対話的な深い学びの場」のための新しい文具となることを目指しています。■サービスの特徴・iPadやタブレット、ノートPCなど機種を問わず使用可能・主体的な学習、協働授業・アクティブラーニングに最適・生徒の学習行動や人間関係に配慮した授業、学級作り支援、先生の授業準備を助ける機能が多数先生が教えやすく、学習者が楽しく学べる環境づくりを行なっています。子どもたち同士が教え合い学び合う協働的な学びでは、得た知識をもとに学習者同士が議論を行うことで知識を実際に活用することができます。このような協働学習・アクティブラーニングを活発化させることも可能なシステムを提供しています。スクールタクトを使えば、同じ時間同じ場所を共有しなければならなかった今までの学習スタイルから抜け出し、学習者同士のコミュニケーションをより活性化した学習者主体の学びを実現することができるようになります。同時に、学習者データをログとして蓄積していき、あらゆる場面で学習データを活用できるよう機械学習などの機能の充実にも取り組んでいます。「スクールタクト」は、総務省の「先導的教育システム実証事業」に採択され、全国500校、約50,000名の教師、児童・生徒に利用いただいており、教育の質の向上・教育効果の最大化をサポートしています。また、2017年度から実施されている文部科学省「次世代学校支援モデル構築事業」及び総務省「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」にも採択されています。<代表 後藤のインタビュー>創業までのストーリーhttps://ict-enews.net/zoomin/28edtech/製品にかける想いhttps://sip.dis-ex.jp/news.html?id=2272020年3月に代表の後藤が安倍首相に対して今後の公教育におけるICTの必要性について提言https://note.com/spagetty/n/na4bb487548ac導入事例https://youtu.be/KKIgIdDWTgg