企業名:

株式会社 SPICY

タイトル:

Next.js 本好きなエンジニアさん向け!レッスンサービス開発

言語など:
TyeScrit,JavaScrit,Git,CI,CDGitHubActions,AWS,GitHub,CSS,HTML,UI,TyeScrit,JavaScrit,Git,CI,CDGitHubActions,AWS,GitHub,CSS,HTML,UIJava
概要:
Classmateが大事にしている価値観は大きく3つあります。1.<br/>「たのしい・好き」を分析する・つくる「毎週1時間の、Classmateの時間が好き」と、継続してお客様に思っていただくためには、「学べる」ということだけではなく、「たのしい」や「好き」と感じていただくことが必須です。テレビ番組を見る時間が「たのしい」かもしれないし、友達と話す時間が「たのしい」かもしれない。ワインを飲んでゆったり映画を観る時間が「好き」かもしれないし、一人で本を読むを読む時間が「好き」かもしれない。それらの「たのしい」「好き」に勝っていくこと。Classmateの方が「たのしい」「好き」とならなければ、Classmateを継続して選んでいただけなくなってしまいます。「なぜこの人はそう思うのか」を常に考えて、一人ひとりの「好き」を深く理解し、分析する必要があります。Classmateには、一人ひとりのお客様とガイドが毎週話す機会があります。コミュニケーションによって得られる情報をどのように分析するか、それによって一人ひとりの「たのしい」「好き」をどう提供するか、一緒に考えていきたいです。2.<br/>時間がかかっても「丁寧・温かさ」を届けるふと気がつくと、私たちはつい目の前のことにとらわれて、丁寧さに欠けてしまったり温かさや思いやりを持つ余裕をなくしてしまったりします。Classmateで一番重要なことは、インターネット企業であることを感じさせないほど、アナログに「愛」「思慮」「温かさ」を届けることです。お手紙を書いたり、電話でお話ししたり、直接顔をみて会話したり。それはお客様に対してだけではなく、教材監修の専門家の方々、スタッフ同士、そして家族に対しても。一歩立ち止まって、余計に時間がかかっても、相手へのコミュニケーションを惜しまない。Classmateが大事にしている価値観です。3.<br/>「多く」より「深く」の思考に数量としてのKPIは持ちながらも、常に「深く」を意識すること。それは相手を「深く」知ることでもあり、理由を「深く」考えることでもあり、「多く」を一気にやり取りするのではなく、個々を「深く」することです。それは、仕事の選択を行うことで、選択集中して課題解決に取り組むことです。また、一人ひとりが「深く」職務を全うすることで、「多く」が同じことを繰り返すのを防ぐことです。そして、関係性を「深く」し、信頼性を高め合うことです。