企業名:

医療法人社団焔

タイトル:

WEBデザインを通して世の中をよりよくする!メディア注目の医療機関!

言語など:
概要:
「在宅医療」と聞いて、どんな印象を受けるでしょうか。こんな素敵な笑顔が思い浮かんだ方は少ないかもしれません。しかし、これが本当の在宅医療です。患者様が自宅で自分らしく過ごす。そこをちょこっとお手伝いさせていただくだけなんです。難しいことは何にもありません。「人が人を想う温かい気持ち」があれば、それで十分。(撮影:訪問リハビリ介入時)新設病院の前でTEAM BLUE全社員がそろいました。みんなの思いが詰まった病院に、「人」というイノチの灯が灯りました。これからこの病院で、「おうちにかえる」を目的とした、新しい医療のカタチに挑戦し続けます。社員数も200人を越えました。それでも顔の見える関係を大切に、お互いを必要とし、助け合って仕事をします。(撮影:おうちにかえろう。病院)私たちは、ー自宅で最期まで「自分らしく」生きられる地域をつくります。ー大切な人への想いが作った「温かい死」がそこかしこで見られる街をつくります。ー「人が人を想う」気持ちが、子供に、孫に、伝わっていく未来をつくります。自宅での看取りを中心とした「生命の現場」で、若いスタッフが医療の一番ディープな部分に触れながら修行をしています。Humanityの一丁目一番町。若くて、エネルギッシュな20代~30代のスタッフが活躍する医療法人!意思決定スピード、実現スピードがおもしろいくらい速い法人です。各事業の紹介ーやまと診療所ー「自宅で自分らしく死ねる、そういう世の中をつくる。」すべての人には、ひとりひとりの歴史とそこに関わってきたたくさんの人たちの想いがあります。私たちはその想いを繋ぎ、「自分らしく生きる」を地域と共に実現する在宅診療所です。<在宅医療PA>という独自の職種を設置。患者様の在宅での生活がより“自分らしい”生活となるよう、患者様・ご家族に寄り添い、さらに一歩踏み込む医療の実現を可能にしております。ーおうちにかえろう。病院ー「そっと人生を思いだす場所」不自由を抱えながら、自分の「生きる」を見つめて歩き出すための時間を作りたい。そんな思いから生まれた「おうちで暮らす」を支えるための病院です。~2020年4月に開院予定。多職種が活躍し、病院・在宅・地域をシームレスにつなぐ医療を実現します。ーおうちでよかった。訪看ー「心から『よかった。』と思えるように。」不安や悩みをたくさん持ちながらでも、「この道を選んでよかった。」と心から思ってほしい。そのために、本気で”寄り添う看護”を目指し続けます。私たちは、人を想い、人を看る訪問看護です。~病院で多くの経験をしたスタッフ、訪問の大ベテランまで、様々なスタッフがおります。新卒からの挑戦も大募集です。ーおうちでよかった。訪看(リハビリ)ー「自分らしさに向かって、心の一歩を踏み出す。」例え身体機能が回復しなくても、心の火を灯すこと。それこそがリハビリの大事な仕事です。「ちょっとやってみようかな」明日に向かうその一歩を、私たちは一緒に踏み出したい。ーごはんがたべたい。歯科ー「『たべたい』と『たべさせたい』その先の笑顔がみたい。」「たべたい」と「たべさせてあげたい」。それぞれの想いを「食べる」で繋ぐために、その人のWILLに寄り添い、真摯に向き合う歯科クリニックです。~2020年4月から開始した訪問歯科。少しずつ患者様も増え、患者様が最後まで「食べる」を実現できるよう日々診療を行っております。超高齢化社会、2035年、看取り難民、保険財政の圧迫。我々がいる場所はこれらの問題の最前線です。これから医療介護の業界にチャレンジしたい、焔で働いて一緒に日本の医療を変革したいというハートの持ち主を募集しています。